コンセプト

現在に合わせるのではなく、上達のためのクラブ選び

ゴルフを取り巻く環境は年々変化と進化を遂げています。ボールやクラブを構成する素材もまさにそうです。そんな中で、クラブにできる最大の効用を目指しています。

とはいえ、クラブで出来ることには限界があります。

そこで技術とクラブのマッチングが重要となります。プレーヤーごとのレベル、目的な悩みへの考慮も不可欠ですし、クラブセッティング全体の流れもそうです。

また、今後どのような技術を習得したいか?でクラブ選び、シャフト選びが変わっていくのだと思います。それによって、技術の習得スピードが早くなるのだと思います。

そこで考えに至ったのが、「短い」「軽い」「柔らかい」のチップゴルフコンセプトです。まさにこれが、やさしく楽しく、そして上達を体感できるスペックです。

「短い・軽い・柔らかい」のオリジナル短尺ドライバー

具体的には、短尺ドライバーであり、短尺ユーティリティであり、ショートピッチレングスアイアンというわけです。既存クラブとの違いをぜひ体感してほしいと思います。

クラブセッティング変更の基本はアイアンから

ところでみなさんの悩みは何でしょう?ゴルフはスコアをつける競技ですから、当然スコアアップという方が多いと思いますが、そこで飛距離への悩みを相談される方がほとんどです。

私自身も、もっとやさしく飛ばせるクラブを提供したいと思っていますが、それにはやはり技術も必要ですし、それを磨くのに重要なのは何を隠そうアイアンのシャフトだと思っています。

特に男性の場合はラウンドでも練習でもアイアンの使用頻度が圧倒的です。これによってアイアンのシャフトを使いこなそうというスイングがまず基本となります。

アイアンも「短い・軽い・柔らかい」を!

飛ぶという噂のドライバーだけを買っても、新車効果はそう続かないですし、ドライバーが良い日はアイアンが・・・のようなチグハグが生じてくるものです。

スイングを作るのはアイアンです。

特に当店の短尺シリーズにおいては、いきなりドライバーから売ることはいたしません。まず適正のアイアンシャフトでまずスイング感を掴んでいただくようにしています。

思い切ってアイアンのシャフトを変えると、必然的にスイングは変わるものです。

思うこと

本当に長いクラブが飛ぶのか?

長い方が確かに遠心力は大きいです。しかし扱いきれません。そして、長さまかせの遠心力ではスピードを出そうとしても出せません。その結果、たまたま飛ぶことはあっても、それは自分の意識ではないので管理できないのです。ここに最大飛距離の魅力というの罠があります。

短いと飛ばないのか?

短い方がミートしやすく、遠心力に左右されないためコントロールしやすくなります。そして自分の意思でスピードも出せるようになるので平均飛距離がアップします。イチかバチかでは飛距離自慢にはなっても、そこにスコアへのメリットはありません。

遠心力について

長いクラブのように、大きすぎる遠心力は不要です。どんなに遠心力があっても、ヘッドスピードに対するボールスピード(ミート率)は約1.5倍しか出ません。また、大きすぎる遠心力はスイングにとっても悪影響が大きいと考えています。

飛距離はヘッドスピードが全てではない

ヘッドスピードが速いと飛ぶ可能性は高くなります。しかしそれよりも、飛球曲線というのが最も重要です。それには、ボールスピード、打ち出し角、スピン量がカギとなります。

インパクト、現象管理こそがこれからのゴルフの最優先事項です。それをしやすい技術、クラブこそがこれからは求められるのだと思います。

既存にとらわれないクラブセッティング

例えばドライバーのヘッドバランスがDO、アイアンがD1、ウェッジがD2、という基準が果たして各プレーヤーにとって正しいのでしょうか?

大事なのはこういった数字ではなく、目的の管理です。

クラブが勝手にしてくれることは、そんなに多くはありません。プレイヤー自身がしなければいけないことの方が多いのです。そしてそのプレーヤーの目的を達成しやすくしてくれるクラブが本当の良いクラブだと思います。

ゴルフのやさしさ、上達の手応え体感させてくれるクラブ。

そしてその目的ごとのクラブが揃っている。これがクラブセッティングです。「○番で○ヤード打ちたい。」ではなく、「○ヤード打つためのクラブが○番」であってほしいです。

そのためには、まずプレイヤーがしたいことを整理し、それを叶えるためのクラブにすることだと思います。レベルは問いません。興味を持って頂いたらぜひ来店して体感ください。